住之江区南港ポートタウンのマッサージ・はり・整体院

大阪市住之江区南港ポートタウンのマッサージ、整体、はり院です。

TEL:06-6612-8455

施術案内

マッサージ

疲れたときはやっぱりマッサージ!疲れた身体をしっかりもみぼぐします。
・マッサージ
・指圧
・あん摩
・ストレッチ
などを組み合わせた施術を行っております。
その他、オイルマッサージも可能です。

マッサージ

主に血液やリンパなどの循環を促すのが目的です。
ご希望によりオイルを使用したマッサージも行います。特にむくみや全身の血流改善には高い効果があります、
全身のだるさなどを感じている、足のむくみが気になる、などの場合におすすめです。


指圧

指を使ったはり治療とも言われるように、ゆっくり行えば自律神経調整作用もあり、リラックス効果抜群です。また筋肉をほぐしたり、血行改善も得意です。

あん摩

主に筋肉を対象に行います。硬くなった筋肉をもみほぐすことでコリを解消します。

ストレッチ

主に縮んだ筋肉を伸ばすことを目的に行います。筋肉は、自分で縮むことはできますが、筋肉が自ら伸びることは出来ません。日常生活では、なかなか伸びる範囲いっぱいまで伸ばすことはないと思います。意識して伸ばしてあげるようにしましょう。

マッサージ(指圧やあん摩、ストレッチなどの手技を含む)の優れた点はいろいろな応用が利くことだと思います。マッサージは血流やリンパの流れへのアプローチが得意ですし、あん摩はコリの改善、指圧は副交感神経の刺激、ストレッチは縮んだ筋肉を物理的に伸ばす、などそれぞれに得意分野があります。
それらを組み合わせることで全身の調整を可能にしています。


整体

健康な身体とは、どんな身体でしょうか。
ゆがみの無い、左右対称な、まっすぐな身体?
当院ではまっすぐな身体が健康な身体だとは考えていません。

止まった状態の身体だけをチェックして、どことどこが歪んでいるから矯正しましょう、だけでは動きに対応できていません。
立っている時と座っている時、じっとしている時と作業している時では、身体の状態がまるで違うのです。

身体はなぜゆがむ?

そもそもゆがみはなぜ生まれるのでしょうか。
大きく3つの原因が考えられます。

  1. よく使う姿勢をより使いやすくするためにゆがむ
  2. 負担のかかる姿勢に対応するためにゆがむ
  3. 事故など大きな外力によってゆがむ

1.これは右利きの人に多い右肩が前に出た状態や、デスクワークの人に多い猫背などが当てはまります。
手を前に出して作業するには肩が前にある方が都合がよいので、身体は自然にそういう風に変化していきます。
もちろんそれが他に負担がかかる姿勢であることもあります。肩こりなどはその典型です。

2.ソファーにもたれかかっている時など、股関節を伸ばした状態で座る場合、腰椎部分にかかる負担は絶大です。
身体は、この負担を逃がすために腰椎を後ろにゆがめて対応しようとします。
このゆがんだ腰椎は立った時には大きな負担となり、腰を伸ばせないなどの症状がでます。

3.これは説明不要かと思います。大きな外力によるゆがみは日常生活では考えられないような特殊なゆがみを生み出し、ひどい痛みを引き起こすことがあります。

生活していれば身体は絶えず変化しています。
その場その時に適した姿勢をとっているのが当たり前です。
しかし、同じ姿勢が続いたり、負担が大きすぎた場合、それが固定化されてしまいます。
すると動くはずのところがスムーズに動かなくなり、痛みなどの症状が出てきます。
ですから真っ直ぐな身体が健康な身体なのではなく、どんな姿勢にも対応できる柔軟性に富んだ身体が健康な身体と言えるのです。

ゆがみを固定化させないために

当院ではこのような考えに基づき、ゆがみを直すことより動かなくなった部分を動きやすくすることを重視した整体をおこなっています。
そしてそのために欠かせないのがご自身で身体をケアしていただくことです。
身体のゆがみの多くは日常生活で生み出されるものですので、理想はその場その場でケアすることです。
もちろんそうはいかないのが日々の生活です。
それでもなるべく一日の終わりに15分、時間を作ってご自身でケアをしてあげてください。

もちろん猫背O脚も自分自身で矯正可能です。
むしろ週に何度整体を受けても、それだけで改善するものではありません。
かならずご自身でのケアが必要になります。
ですが、そのことさえご理解いただければ決して難しいことではありません。

O脚や猫背は本当に治る?

O脚も猫背も身体全体のゆがみが固定化されてしまったものです。
ゆがみには、骨盤、背骨、肋骨、膝、足首などが深く関わります。
実際に身体をチェックしながら動かしていただくと、動きの悪い部分がはっきりわかります。
それを一つ一つ確認しながら、固まった関節や筋膜を伸ばしていきます。
もちろん長年の生活の積み重ねですから、一筋縄ではいきません。
週に一度、ストレッチしたり整体を受けたりしたからといってリセットできるほど甘くありません。
ですが、やってみれば一つ一つは簡単なストレッチです。
ぜひとも毎日ご自宅でやってみてください。

まずは身体を知り、そのケアの方法を知ること。

たったこれだけで身体は変えられます。
僕はほんの少しそのお手伝いをするだけだと思っています。


はり治療

当院ではりをオススメするのは

・筋肉や筋膜由来の痛み
・自律神経のアンバランスから起こるさまざまな症状

の2つです。

1.筋肉や筋膜由来の痛み

筋肉や筋膜からくる痛みに対してはトリガーポイントを利用した施術を行います。
トリガー(引き金)ポイント(点)という名前の通り、痛みの引き金となる場所を探して、直接はりで刺激して痛みをとります。
トリガーポイントは痛みのある場所にあるとは限りませんので、検査や触診をしっかり行い、正確な場所を見つけ出します。
東洋医学でいう「ツボ」と同じですか、と聞かれることがあります。
「ツボ」は、気の集まるところ、気の通り道(経絡)とされています。
トリガーポイントは筋細胞の異常収縮による硬結が原因となりますので、あくまでも身体の生理的な反応のひとつです。
いわゆるコリとして認知できる場合もあります。

適応
・肩こり
・腰痛
・頭痛
・五十肩
・膝の痛み
・捻挫の後遺症
など、痛み全般。

2.自律神経のバランス調整

自律神経の調整の場合は全身への施術を行います。
より効果的に調整する大事なポイントは
1.施術に対する不安や緊張を出来る限り取り除く
2.なるべく広い範囲に施術を行う
3.適切なツボに適切な深さにうつ
4.ある程度の反応がでるまで置鍼(刺したままおいておくこと)する
の4点です。

このポイントを守り施術を行うことで、交換神経の興奮を抑え、副交感神経優位な状態を作り出します。

適応

・疲れやすい
・頭痛
・ほてり、のぼせ
・息苦しい
・めまい(特にフラフラするタイプ)
・不眠
・食欲不振
・イライラする
・気分が落ち込む
・胃が痛む
・便秘
・軟便
など、自律神経失調症状全般。

はりは使い捨てのものを使用します。
施術に対する不安はなんでもお尋ねください。
マッサージなどと合わせてお試しで施術することもできます。